ニキビ 化粧品 TOP >  ニキビの悩み解決! >  小学生ニキビを治そう!お薬を使わない対策とケア方法

小学生のニキビについて


小学6年生の娘が、酷いニキビに悩まされています。
もちろん、清潔さを保つ為に、朝晩の洗顔は欠かせなくさせています。
でも、おでこにニキビが大量にあり、無くなりません。
他の部位には、全くありません。

大人でも辛いのに、小学生でニキビに悩まされるなんて、とても可哀想で見ていられません。
皮膚科に通わせましたが、完璧な効果は現れず、ずるずるとニキビを引きずっています。
自宅でケアや対策出来る方法があれば、是非知りたいです。

小学生でもニキビに悩まされる子供は多い

ニキビは、思春期からなるイメージがあると思います。
しかし、最近の子供は、小学3年頃からなる人も増えているようです。

小学生のニキビは、思春期ニキビ程酷くならないケースが殆どです。
自己ケアの仕方で簡単に抑制する事が出来るのですが、その反面、自己流ケアの合わなさでニキビを悪化させてしまう事があります。
小さい頃にニキビのケアの良し悪しで、ニキビが出来にくい肌に作れるかどうかが決まってしまいます。
間違いがあるようでしたら、年齢の低いうちから改善していく事が大事と言えるでしょう。

小学生ニキビの主な原因

洗顔方法

よく顔を洗った方が良いと思われがちですが、洗い過ぎると必要な皮脂までも洗い流してしまうので、決していい事とは言えません。洗顔は1日2回までとし、汗をかかない時期は、洗顔料を使わない洗顔方法も取り入れましょう。

成長モルモンの影響

小学生は、まさに成長期。成長ホルモンによりバランスを崩してしまう事もあります。

うつぶせに寝る

寝具が不衛生な場合、寝具に肌が触れると敏感になってしまいます。小学生は、潜って寝てしまう癖の子が多く、こんな些細なことが原因の場合もあります。

小学生ニキビ改善の為に見直したい要素

小学生は、中高生や大人と比べると、見直したい部分が若干違う傾向があります。
顔に過剰に触れない

小学生は、何故か顔に自分の手を触れさせたい癖がある人が多い傾向があります。人間の指先はただでさえ汚いのに、ましてや小学生は汚れの温床になっています。そんな汚い手で肌に触れていると、ニキビはいつまで経っても治りません。

洗顔の見直し

洗顔の癖が無い人は、洗顔の癖を付けましょう。過剰洗顔の癖がある人は、過剰な洗顔を止め、洗顔料を使わない洗顔も視野に入れてみましょう。

ニキビに影響がある食べ物を食べない

チョコレートやバター、ジャンクフードなど、小学生はこのような食べ物が大好き。でも、これらの食べ物は、ニキビを作って下さいといわんばかりの成分がたっぷり。ニキビが治まるまでは、これらの食べ物は控えるべきでしょう。

小学生ニキビケアは、頑張り過ぎてダメ

小学生ニキビが出来てしまうと、親は早く消したい一心で頑張ってしまいますよね。
しかし、ニキビに対しては頑張り過ぎはNGです。
ケアをし過ぎる事で、更に悪化に向けてしまう事があります。

小学生ニキビは、ニキビ人生の中での初期段階です。
初期段階に対しては、正しいケアをしていれば簡単に鎮静してくれます。
よって、ニキビがさら更なる悪化になったり、跡が残るというのは到底考えにくいと言えます。
小学生ニキビが治らないのは、過剰なケアで頑張り過ぎてしまう事も、1つの原因と言えます。

ルナメアAC 口コミ
ニキビとさよならできたよ!
1年中目立っていた大きなニキビがなくなりました!!濃密泡で洗う洗顔が一番良かったです。ニキビが出来にくくなりました。
結樹 (混合肌 28歳)
さっぱりの使用感です!
さっぱりタイプの化粧水とジェルで、冬は若干物足りないなーと思いました。でも、ひどい乾燥は感じませんでした。
裕子 (乾燥肌 32歳)
試しに購入してみました
かなりニキビのできやすい体質ですが、このルナメアはかなり良いと思います。ニキビ肌がキレイになりました。大きな肌トラブルもなく、洗顔とジェルは現品購入しました。
弥生 (主婦 42歳)
小学生の中には、ニキビに悩まされている事が結構多いようです。大人だって辛いのに、小学生がニキビに悩まされるのは、とても可哀想な事ですよね。お薬に頼らないケアと対策を、まとめてみました。