ニキビ 化粧品 TOP >  ニキビの悩み解決! >  ニキビに乳液は良くないの?

ニキビに乳液は良くないの?


30歳OLです。
20代から、ニキビが全く止まりません。
毎日きちんとメイクし、きちんとスキンケアもしています。

そこで耳にしたのですが、ニキビと乳液は相性が良くないから止めた方がいいとのこと。
確かに、乳液には油分を多く含んでいるので、ニキビ肌には不向きに思えます。
でも、スキンケアの性質を考えたら、乳液を付けないと他のスキンケアの意味が無いような気もします。

ニキビ肌には、乳液を付けたら悪化させてしまうのでしょうか。

乳液の何がニキビに良くないと言われているのか

界面活性剤が良くない

乳液に含まれている物を大きく分析すると、水分と油分があります。油分と水分は、通常では混ざり合う事はありません。この2つを混ぜ合わせる為に配合されているのが、界面活性剤です。界面活性剤は成分が強すぎる物が大半なので、ニキビ肌に負担をかけると言われています。

添加物等肌に良くない成分が満載

添加物等は、日持ちさせる為に大変必要な成分です。しかし、これはニキビ肌には負担がとても大きいです。面倒でも無添加の物を選んであげましょう。

油分が多い

乳液は、皆さんが想像する通り、他のスキンケアに比べて油分がとても多く配合されています。ニキビ肌はオイリー肌が大半なので、更に油分を肌上に乗せるのが良くないと言われています。

本当にニキビに乳液は良くないのか

界面活性剤には色々ある

界面活性剤には、色んな種類があります。乳液に使われている界面活性剤は、割と成分が弱いものが多いです。よって、乳液に配合されている界面活性剤に関しては、あまり気にするほどでもないとも言えます。

乳液の油分は、ある程度肌に必要

乳液には、一般的に20~30%の油分が含まれていると言われています。この程度油分を含ませる事により、スキンケアの成分を肌に閉じ込めてくれます。スキンケアの為にもニキビの為にも適度な油分であり、無くてはならない程度の油分と言われています。

一般的なニキビ肌なら乳液を使うべき

ニキビ肌を改善する為には、肌の保湿力を高める事が先決です。その為には、しっかりとした保湿を肌に与えなくてはいけません。スキンケアの一連の工程の蓋をする役目として、使うべきと言えるでしょう。保湿力を高めて、ニキビ肌を改善しましょう。

オイリーすぎるニキビ肌には乳液要注意

あまりにもオイリーすぎるニキビ肌の方は、乳液の油分程度でもニキビを悪化させてしまう事があります。
肌がオイリーすぎるニキビ肌の方は、他の要素で油分が多くなると、すぐに毛穴を詰まらせてしまいます。
このような肌質の方は、乳液は不向きと言えるでしょう。

乳液だけじゃ無く、他のスキンケアも油分が少ない物を選ぶ必要があります。
水分が多いスキンケアを選び、肌に油分を極力与えないようにしましょう。

超ニキビ肌にオススメなのが、セラミド配合スキンケア。
セラミドは、水分にも油分にも馴染みやすい性質があります。
保湿効果があり、バリア機能を高めてくれるので、超ニキビ肌には特に必要な成分と言えます。

ルナメアAC 口コミ
ニキビとさよならできたよ!
1年中目立っていた大きなニキビがなくなりました!!濃密泡で洗う洗顔が一番良かったです。ニキビが出来にくくなりました。
結樹 (混合肌 28歳)
さっぱりの使用感です!
さっぱりタイプの化粧水とジェルで、冬は若干物足りないなーと思いました。でも、ひどい乾燥は感じませんでした。
裕子 (乾燥肌 32歳)
試しに購入してみました
かなりニキビのできやすい体質ですが、このルナメアはかなり良いと思います。ニキビ肌がキレイになりました。大きな肌トラブルもなく、洗顔とジェルは現品購入しました。
弥生 (主婦 42歳)
ニキビ肌のスキンケアには、色んな言い伝えがあります。オイリー肌なので、油分系のスキンケアは避けたい所。乳液やクリームは、ニキビ肌にはタブーなのでしょうか。ニキビと乳液の関係性について、しらべてみました。