ニキビ 化粧品 TOP >  ニキビQ&A >  ハイドロキノンとニキビ跡の関係性

ハイドロキノンは、ニキビ跡に効果あるの?


顔全体にニキビ跡が沢山あり、とても悩んでいます。 跡が多いせいか、曇りがちの肌に見えてしまい、ついついメイクで隠してしまうほどです。 医療施術等は、金銭的に余裕が無いので、自己ケアでどうにかならないかと考えています。 ハイドロキノンが、ニキビ跡に効果があると聞きました。 本当の所は、どうなのでしょうか。 少々キツめの成分と聞きました。 副作用とか起きるのではないかと、気にもなっています。 ニキビ跡との関係性と、副作用などのデメリットも知りたいです。

ハイドロキノンは、ニキビ跡に効果があると言える

ハイドロキノンとは、別名「お肌の漂白剤」とも呼ばれる程の、強力な肌の漂白剤。
単体では高い効果を発揮できないので、他の成分と併用して使う事が大半です。
ニキビ跡をはじめ、シミやソバカス等の肌の色ムラを、劇的にケアしてくれると言われています。

ハイドロキノンの具体的な効果は

①チロシナーゼを抑制
メラニン色素を作り出す酵素、チロシナーゼを抑制します。の働きを弱めます。

②メラノサイトを減少
メラニン色素を作る細胞、メラノサイトを減少させます。

③メラニン色素を淡色化
還元作用によって、メラニン色素を淡色化させます。

ハイドロキノンは、どんな形で使うのか

ハイドロキノンは、以下の形で手に入れる事が出来ます。
クリニックで処方してもらう

クリニックにて相談し、処方してもらう事が出来ます。この方法が、1番自分の肌に合った物を手に入れる事が出来るので、安心と言えます。

化粧品に配合

ハイドロキノンは、化粧品に配合されている物もあります。有名どころでは、オバジの化粧品に配合されている物があります。 ニキビ肌は弱っているので、自己判断で決めずに、クリニックのドクターに相談するのが1番と言えます。

ニキビ肌は弱っているので、自己判断で決めずに、クリニックのドクターに相談するのが1番と言えます。

ハイドロキノン注意事項

ハイドロキノンは成分が非常に高いので、間違った使い方をしてしまうと大変な事になってしまいます。
過剰に使うと皮膚の色が抜ける

過剰に使うと、肌が白く抜けたような状態になってしまいます。色は逆ですが、シミになってしまいます。ドクターの処方を守り、きちんと使いましょう。

日焼けは禁物

ハイドロキノンを使っているからといって、安心してはいけません。無防備にたっぷり紫外線を浴びてしまいますと、色素沈着が出てしまった等のケースもあります。ハイドロキノンを使っている間は、紫外線対策に特に力を入れるようにしましょう。

やり過ぎは、他の肌トラブルを起こす

非常に強い成分なので、やり過ぎてしまうと他の肌トラブルを引き起こす可能性もあります。あくまで決められた頻度は守るようにしましょう。

ハイドロキノンと併用したい事

ハイドロキノンケアをする時は、他のスキンケアもきちんとしましょう。

まずは、化粧水等のスキンケアをきちんとする事。
肌の保湿力を高める事は、ハイドロキノンの効果をさらに上げてくれます。
美容液を付ける場合は、ハイドロキノンの前にしておきましょう。

ハイドロキノンを塗った後に、肌の乾燥を感じた場合は、保湿クリームを塗って蓋をしてあげましょう。
きちんとしたスキンケアを併用する事で、ハイドロキノンの効果も高まります。

ルナメアAC 口コミ
ニキビとさよならできたよ!
1年中目立っていた大きなニキビがなくなりました!!濃密泡で洗う洗顔が一番良かったです。ニキビが出来にくくなりました。
結樹 (混合肌 28歳)
さっぱりの使用感です!
さっぱりタイプの化粧水とジェルで、冬は若干物足りないなーと思いました。でも、ひどい乾燥は感じませんでした。
裕子 (乾燥肌 32歳)
試しに購入してみました
かなりニキビのできやすい体質ですが、このルナメアはかなり良いと思います。ニキビ肌がキレイになりました。大きな肌トラブルもなく、洗顔とジェルは現品購入しました。
弥生 (主婦 42歳)
ハイドロキノンは、ニキビ跡に効果があると聞きますが、果たしてどうなのでしょうか。なかなか無くならないニキビ跡が綺麗になるのであれば、是非使ってみたいですよね。ハイドロキノンとニキビ跡との関係性について、まとめてみました。