ニキビ化粧品の決め方は2通りだけです!
イラスト クッション画像 ニキビは体質で出来てしまう人がいます。私もニキビができやすい体質ですがいつも通っていた担当の皮膚科の先生に原因と対策方法を教えていただき出来にくくなっています。 その、ニキビが出来にくい方法とは、

自分に合うニキビ化粧品を選びましょう。
肌に優しいニキビ化粧品を選びましょう。

この2つを実践しなさいと言われました。

病院では、ニキビを止める抗生剤を貰ったのですが、「この薬は治すわけではなく無理やり抑えているだけ!
本当に治すなら自分自身にあった方法を見つけなさい」
と言われたのです。

実際は肌への効果はなかなか現れてこなかったのです。
肌に優しいニキビ化粧品はニキビ効果も弱いことがあるからです。

本当にニキビが良くなる化粧品。
それは独自成分を使い、肌に優しく、更に効果があるニキビ化粧品なのです!
ほとんどのニキビ化粧品はトライアルセットを用意していますので、気軽に使ってみる事が出来ますよ!
大人ニキビ化粧品 人気ランキング!
ルナメアAC
ルナメアの独自成分アクネシューターは、フジフィルムのナノ化技術を生かした成分で、ニキビの有効成分とうるおい成分を同時にお肌に届けるのです。それでいて、ルナメアはとってもお肌に優しい!殺菌剤不使用で、優しくニキビをケアしてくれるのです!
⇒ 体験レビュー有り
ルナメアAC
ノブACアクティブ
高い保湿力とマイルドピーリングが人気です。ニキビの原因に対処しながら美白や毛穴の黒ずみにも効果あり!
ノブACアクティブ
パルクレールジェル
ニキビだけでなく、大人の肌トラブルにトータル的にアプローチしてくれるオールインワンジェル。
⇒ 体験レビュー有り
パルクレールジェル
ビーグレン
ビーグレン ニキビケア
クレイ洗顔でお肌がスッキリ気持ちい!浸透テクノロジーで繰り返しニキビを作りません!
リプロスキン
赤み・繰り返し・ニキビ跡など捨てすけすれげすべてすべ全てすべすべ擦れますげます。
ルナメア
優しさにこだわって作られた、潤うニキビケアです!

ルナメア 毎日の洗顔しているのにニキビが出来た。また、ニキビができて全然治らないときは、あなたのせいではなく肌に刺激の強い化粧品を使っている可能性があります。
色々なメーカーよりニキビ製品が出ていますが、成分が強くて肌に合わなかった事は良くある話です。
ルナメアのニキビケアは、殺菌剤不使用・無香料・合成着色料不使用・ノンコメドジェニックテスト済みの安心処方です。
また、毛穴の詰まりを絡めとる洗顔料には植物性のファイバースクラブ配合。弾力あるファイバーが優しく、しっかりと毛穴のつまりを解消し、フランス酸のクレイが余計な皮脂を吸着してすっきり優しく洗い上げるのです。

ニキビを作らない!作らせない化粧品はコチラ

大人ニキビ 質問 回答コーナー

美白もできる、ニキビ化粧品を教えてください。

ニキビが長く続くと、ニキビ跡が出来てしまいます。
実はニキビ跡をケアする場合、美白化粧品に配合される、ビタミンC誘導体がおすすめになります。
ビタミンC誘導体は美白成分なので、ニキビ跡の赤みや茶色いシミも薄くすることが出来るのです
おすすめ化粧品はビーグレンのニキビ跡化粧品です。

最近化粧品が合わないみたいでニキビができてしまいます。

分に合わない化粧品を使うと、肌荒れを起こすときがあります。
同じように、肌が弱い人がコットンで肌をパッティングすると、負担になり赤ら顔やシミの原因になります。
コットンでたたくことを、血行促進のためと考えている人も多いようですが、濡らしたコットンは固くなるため肌の負担となります。
化粧水や美容液をつけるときは手になじませてつけたほうがベターです。

私の肌は乾燥肌なのにニキビが出来てしまいます。

「乾燥肌だからニキビはできない」という考えは間違いです。
まず、肌が乾燥する場合は、バリア機能が弱まっているからです。

※ニキビが出来るのは、皮脂が増えアクネ菌の増殖からでした。

バリア機能が弱まるということは、肌のセラミドが少なくなっているということですので、ターンオーバーも遅くなり、皮脂が垢として肌の外に出ていかなくなるかもしれません。
その皮脂は毛穴を詰まらせてしまうため、アクネ菌のエネルギーとなり、ニキビとなるわけです。

乾燥ニキビをケアするためには、ターンオーバー活性化です。
セラミドやコラーゲン生成を促す成分配合の化粧品を使うようにしましょう。

ニキビと毛穴に悩んでいます。基礎化粧品が悪いのでしょうか?

ニキビの原因は毛穴トラブルです。そのために毛穴ケアが出来る基礎化粧品を使いましょう。
ただ、自分に合った基礎化粧品を使わないと改善しない可能性もありますので、自分の肌質をご確認して、自分に合う化粧品を選ぶようにしてください。

最近ストレスなのかニキビが出来てしまいました。

ストレスでニキビが出来る人はとても多いです。
ニキビが出来る人や肌にトラブルが出来るのは、ホルモンバランスが原因と言っても過言ではないからです。
肌はホルモンによって再生されます。
つまり、ニキビも乾燥肌も、ホルモンが分泌される睡眠しているときなのです。
ホルモンは、気候や、体調、女性なら生理前後でも影響を受けます。
ホルモンを意識しながら、ニキビをケアする化粧品を使っていくのが良いでしょう。

痛くない白ニキビがたくさん出来てしまいました!

白ニキビは皮脂が毛穴をふさいで見えにくいニキビです。
ですが、そのままにしておくとニキビはどんどん進行していきますので、早めに対応したほうが良いでしょう。
角層のコンディションを整えるために、ニキビ用の化粧品を選んで使うことと、生活面の改善を心がけ、睡眠や健康面を見直しましょう。

敏感肌でも使えるニキビ化粧品はあるのでしょうか?

最近のニキビ化粧品は敏感肌でも使えるものが多くなっています。
その中でもおすすめのニキビ化粧品は、ルナメアACです。
ルナメアACは敏感肌でも使える植物性のエキス配合の成分を多く取り入れているために、ヒリヒリを感じることがないでしょう。
※個人差がありますので、パッチテストを行ってから使用してください。

年代別でニキビ化粧品は変えるべきですか?

ニキビは思春期(10代)から50代以上でもできる困った病気です。
その為に、年代別に合ったニキビ化粧品を使ったほうが良いでしょう。
若いうちであれば、皮脂が活発に作られるために、皮脂を抑える成分のビタミンC配合の化粧水を選ぶとよいでしょう。
20代後半からは、乾燥ニキビが多くみられるため、保湿しながら、ニキビケアできる成分を選びましょう。

大人ニキビとは

大人ニキビとは、思春期が終わる20歳のころからできるニキビのことを指します。 10代のころに出来た、思春期ニキビと原因が違い治りにくく、何度もできやすいのが大人ニキビと言われています。 では、どうして大人ニキビは出来るのでしょうか?

大人ニキビの原因

大人ニキビの原因は、生活習慣が一番と言われています。
例えば、寝る時間が少ないとか、食生活が不安定ということで大人ニキビが出来ることが多いです。
女性の場合はホルモンバランスでニキビが出来ることが良くあります。
もう少し具体的にまとめてみると、
・食生活(偏食)
・睡眠時間(睡眠不足)
・不規則な生活
・ストレス
・ホルモンバランス
・運動不足

このように、体内のバランスが乱れて、ニキビが出来てしまします。
その為に、どれが悪いのか特定するのが難しいため、ニキビが慢性化している場合は、スキンケアだけでは治すことが難しいかもしれません。
大人ニキビ化粧品を使って治らない場合は、皮膚科で受診してもらうのが良いでしょう。

大人ニキビのできる場所

20代からできる大人ニキビは、思春期ニキビと出来る部位が変わってきます。

思春期ニキビの場合は皮脂が多いため、Tゾーン(おでこや鼻筋)に出来ることが多かったはずです。

大人ニキビになると、Uゾーン(フェイスライン、あごや口もと)に出来ることが多くなります。
これは、毛穴が乾燥してニキビが出来るからです。
毛穴が乾燥すると、毛穴の出口が狭くなり皮脂が毛穴に溜まってしまいニキビの元であるアクネ菌が繁殖します。
毛穴の中は炎症を起こし赤く腫れあがるため、ニキビとなってしまうのです。
それ以上ひどくなると、ニキビ跡が残ることもあります。

大人ニキビをケアする化粧品を選ぶには

ニキビが出来たときは、ニキビ専用スキンケアを使ったほうが、治りが早くなりますし、続けてできることも少なるなるでしょう。

もともと、大人ニキビ化粧品の効果はどのようになっているのでしょうか。

大人ニキビの原因は乾燥からニキビが出来ることが多いため、
・ニキビ対策に保湿効果を使う
・メーカーがニキビケア用の独自技術を使った成分を配合している。
このような、仕組みになっていることが多いです。

それでは、ニキビ化粧品に配合されている成分をご紹介いたしますので、ご自身に合うものを選んでみてください。

ビタミンC誘導体
不安定なビタミンCを安定化させたのが、ビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体には、ニキビ改善だけではなく、シミを改善する、コラーゲン産生など様々な対応が出来ます。

グリチルリチン酸
グリチルリチン酸はグリチルリチン酸ジカリウムとして、ニキビ化粧品に配合されている成分です。抗炎症作用を持つのでニキビケアとして使われることが多いです。
グリチルリチン酸は医薬品としても使われていますが、ニキビを予防するわけではありません。

サリチル酸
ピーリング効果があり、ニキビや毛穴化粧品に配合されている成分です。
ただし、一時的にバリア機能を低下させてしまうために、続けて使用すると、またニキビが出来たり、肌があれたりする可能性があります。

イソプロピルメチルフェノール
イソプロピルメチルフェノールには殺菌作用があるので、ニキビや背中ニキビを減らし、炎症を抑制することが出来ます。
しかし、この殺菌作用はとても強いものなので、バリア機能が弱まったり、肌があれたりする可能性があります。

フラーレン
ニキビの時、弱まっているバリア機能をサポートすることが出来ます。
また、抗酸化作用で炎症を抑制することもできます。
これは、ニキビ跡で色素沈着した肌へケアできるうれしい成分です。

イソフラボン
イソフラボンは女性ホルモンと同じ役割をするため、男性ホルモンが増えすぎたニキビのケアに効果が表れる。
イソフラボンには、豆乳イソフラボンとヒオウギイソフラボンの2種類があります。
塗る場合はヒオウギイソフラボン、飲む場合(サプリメント)は豆乳イソフラボンとすると、効果が良いと言われています。

パントテン酸(ビタミンB)
パントテン酸など、ビタミンB群はターンオーバーにかかわってきます。
ビタミンB群が足りないとターンオーバーの時、未熟な肌しか作れないために、敏感肌や肌荒れを起こします。
更にパントテン酸には、セラミドや脂肪酸を産生することが出来るので、外的刺激に強い肌を作るために必要といえます。

トコフェロール(ビタミンE)
ビタミンEの別名をトコフェロールと言います。
ニキビは活性酸素でひどくなっていきますが、トコフェロールの抗酸化作用を使うことで、ニキビケアが早く改善されることが認められています。
トコフェロールはニキビ跡の赤み(炎症)を抑えることが出来ます。ニキビが治っても赤みが治らない場合は、肌の奥に炎症が残っていることが多いためです。
その時は、トコフェロールの抗酸化作用を使うことで治ることが多いです。

大人ニキビは年代でも対策を変えたほうが良いのか?

大人ニキビは20代から出来始めますが、お肌は人や年代によって変わってきます。
ここでは、一般的な年代のニキビ対策をご紹介いたします。

・20代前半女性のニキビ
20代前半の時は、まだ見た目も若々しい時です。
肌で起こるトラブルはニキビぐらいです。
ニキビは乾燥で起きるより、生活習慣で起きるほうが多いでしょう。
また、肌荒れから敏感肌を起こしニキビを起こす可能性もあります。

・20代前半女性のニキビ対策方法
ターンオーバーを改善させるために保湿力のあるスキンケアと生活習慣が大事になります。
もちろん、20代前半の時は、これから先の肌を考えた日焼け止めを毎日することも忘れないようにしてください。

・20代後半女性のニキビ
20代後半になると、肌を引き締めるコラーゲンなどがどんどん少なくなるために、小じわが目立つようになり、乾燥が多くなります。
その乾燥からニキビになる人も増えるため、保湿ケアをしたニキビ対策をすることが必要になります。

・20代後半女性のニキビ対策方法
肌にニキビ対策用の化粧品を使ってケアすれば、早く治すことが出来るでしょう。
20代前半と同じように、日焼け止め対策をすることが、アンチエイジングとなり、お肌全体の改善となります。

・30代女性のニキビ
コラーゲンやセラミドが肌の中から少なくなるので、肌の乾燥がよりひどくなります。
角質層が厚くなり、シミや小じわが目立つようになり、目元がくすんで見えることがあります。

・30代女性のニキビ対策方法
20代後半と同じようにニキビ用の化粧品を使いニキビケアをしましょう。
ニキビじゃないときは、毎日保湿ケアすることと、日焼け止めをすることを考えましょう。

・40代女性のニキビ
40代を過ぎると、今まで以上に肌老化が加速します。
女性であれば、女性ホルモンの分泌量が低下することと、今まで肌に蓄積されてきた紫外線のダメージでシミ、シワがどんどん現れてくるのです。
ターンオーバーのサイクルもはじめは約28日間でしたが約40日間におくれてしまうために、肌の表面が角化してごわつい肌となってしまうのです。

・40代女性のニキビ対策方法
ターンオーバーが遅くなると、毛穴が狭くなりニキビになる可能性があるため、古い角質を取り除くことが出来るスキンケアを行って下さい。
すでにニキビになってしまった場合には、ニキビ化粧品を使ってケアをしましょう。

敏感肌におすすめのニキビ化粧品

肌が弱く敏感肌の場合は、どのようなニキビ化粧品を使えばよいのでしょうか?
例えば、美白化粧品などに配合されている成分などは、肌に負担が大きいものが多いです。

ニキビ化粧品の場合でも、負担の多いものがありますが、敏感肌でも使えると書いてある化粧品もあります。

ここでは、敏感肌でも使える化粧品をご紹介いたしますが、自分の肌に合わない場合もありますので、トライアルセットから購入しパッチテストを行ってみてください。

1位ルナメアAC
2位ノブACアクティブ
3位オルビスクリア

ニキビ跡に効く化粧品について

ニキビ跡には3種類のタイプがあります。
赤み、茶色、デコボコ
ニキビ跡に効く化粧品についての詳細は、別ページで説明いたしますが、簡単にポイントだけ説明しておきます。

ニキビがひどくなると、炎症が肌の周りまで広がるため、デコボコになってしまいます。
そうなると、化粧品で改善するのは難しくなるので皮膚科で見てもらうのが良いでしょう。

ニキビ跡でも、赤くなっている場合と、茶色になっている場合は、肌に色素沈着が残っている場合です。
この場合は、シミ消し化粧品で改善することが出来るので試してみてください。

年代別でニキビの対策と化粧品を探してみよう

20代のニキビ

ストレス、ホルモンバランス、肌乾燥などで増加します。まずは生活習慣の改善と自分にあった化粧品を使ってみましょう。
20代のニキビはコチラ

30代のニキビ

30代でニキビが出来る場合は基礎化粧品を変えると効果的です。ニキビの出来にくい基礎化粧品を使ってみましょう
30代のニキビはコチラ

40代のニキビ

年齢を重ねてもニキビはできるものです。(吹き出物)ケアニキビ化粧品で洗顔することが正しい方法です。
40代のニキビはコチラ

「大人ニキビ化粧品 | 人気のニキビケア化粧品をランキングで紹介!」について
大人ニキビ化粧品(当サイト)はニキビで悩むすべての人に送るサイトです。大人ニキビは肌の厄介者と言われています。 肌をニキビから守ることは保湿と言われますが、規則正しい生活や食事を基本として、肌を綺麗にいたわってあげる事です。 大人ニキビは(吹き出物)はストレス等からも出来ると言われますが肌の汚れからが一番と言われます。肌をキレイにして、美肌を作りましょう。 ですが、体質から出来てなかなかニキビが治らないという人もたくさんいます。そのような人でも自分に合う方法、化粧品、スキンケアがあると思います。なので、色々なニキビ化粧品や医薬部外品(薬用)はあるのです。ぜひ自分に合うものを見つけてニキビを治してください。
TOPに戻る
ルナメアAC 口コミ
ニキビとさよならできたよ!
1年中目立っていた大きなニキビがなくなりました!!濃密泡で洗う洗顔が一番良かったです。ニキビが出来にくくなりました。
結樹 (混合肌 28歳)
さっぱりの使用感です!
さっぱりタイプの化粧水とジェルで、冬は若干物足りないなーと思いました。でも、ひどい乾燥は感じませんでした。
裕子 (乾燥肌 32歳)
試しに購入してみました
かなりニキビのできやすい体質ですが、このルナメアはかなり良いと思います。ニキビ肌がキレイになりました。大きな肌トラブルもなく、洗顔とジェルは現品購入しました。
弥生 (主婦 42歳)